債務整理の費用を調べる【借金が帳消しになる】

弁護士依頼時にかかるお金

法律書

着手金とは

債務整理を中心に相談を行っている法律事務所の多くは、相談料を無料にしているところが多いです。相談料は何回でも無料なところもあります。相談料を無料にしている理由は、債務整理はお金に困っている人が行う手続きです。お金に困っているにも関わらず、弁護士費用が高いなら相談なんかしない、相談をするハードルを少しでも下げて、気軽に相談しやすい雰囲気を作るために無料の事務所が多いのです。相談をして、自分は債務整理をしたほうがいいいのか、行うのであればどういった方針で行うかなどを相談できます。過払い金計算も無料で計算サービスを行っている事務所もあります。相談をした結果、債務整理をお願いしたいとなったら最初に支払う費用が着手金です。着手金とは、正式に支払うことになった場合に債務者である相談者と弁護士が受任契約を結び、その際に支払うお金です。着手金の費用は、弁護士が債権者と交渉を行い減額成功しなかった場合でも返還がされないお金です。着手金についてですが、弁護士事務所が自由に費用設定できるので上限はないのですが、高い事務所で1社当たり49,800円、安い事務所で2万円程度となっています。1社あたりの金額なので、着手金3万円の事務所なら4社債務整理をすると着手金だけで12万円かかることになります。金融機関の数が多ければ多いほど着手金は高額になっていくのですが、3社目以降からは1社3万円が2万円になるといった事務所もあります。

Copyright© 2018 債務整理の費用を調べる【借金が帳消しになる】 All Rights Reserved.