債務整理の費用を調べる【借金が帳消しになる】

減額交渉は弁護士に

相談

減額報酬は10%

債務整理を弁護士に依頼すると、受任通知の発送、取引履歴の取り寄せ、過払い金の計算、債権者との交渉、裁判所への出廷、返済計画についてなどすべての手続きを代行してもらうことができます。相談者本人は、電話やネットで面談の予約をして初回相談の時に説明を聞き、納得したら正式に受任、そのあとは和解成立まで待つだけです。和解を待っているまでの間は、債権者である金融業者からの督促電話などもありませんので精神的ストレスからも解放されます。弁護士が債務整理で債権者と和解交渉を行い減額させることに成功しましたら着手金のほかに減額報酬という費用を支払わなければなります。減額報酬とは、いくら減額することに成功したか、その減額金額に対して一定割合の費用がかかります。何%減額報酬としてかかるかですが、10%〜20%が相場となっています。債務整理での減額報酬ですが各事務所によって何%かかるかは異なるのですが、20%の減額報酬を費用として発生する場合はちょっと高すぎです。20%の報酬費用は過払い金返還の成功報酬なら20%が相場なのでそれと同率ということになります。そのため、債務整理の減額報酬費用で比較をするのであれば10%の弁護士事務所に依頼を行います。ただし注意点は、減額報酬20%で他事務所より高くても着手金が無料で合ったり基本報酬がかからないといったケースもあるので、トータルでの費用はいくらになるのかを比較して選ぶことです。

Copyright© 2018 債務整理の費用を調べる【借金が帳消しになる】 All Rights Reserved.