債務整理の費用を調べる【借金が帳消しになる】

借金の解決方法

相談

法律相談にかかるお金

借金問題を解決するのに一番効果的なのは債務整理ですが、デメリットは個人信用情報機関に債務整理をした事実が情報として登録されてしまう、いわゆるブラックリストに載ってしまうことです。一度信用情報に悪い情報が掲載されると、5年〜10年は情報が消えませんので、その間ローンを組むことができなくなります。ローンが組めないだけでなく携帯電話の契約ができなかったり、家を借りるときも保証会社の審査が下りないなど不利になります。そのため、一番いいのは身内や知人から借りて金融業者の借金を返せば、信用情報にキズがつくことはないのですが、そうなると身内や知人との人間関係を壊してしまうことになります。借金をこれだけ増やしてしまった原因は、審査で見抜けなかった業者にも責任はありますが自己責任の部分も大きいです。費用はかかりますが、身内や知人を頼れないなら債務整理の手段しかないです。債務整理には、弁護士に依頼をすると任意整理、個人再生、自己破産の3つの手段があります。メリットは、いずれの手続きも金融業者からの督促をストップさせます。減額割合ですが、任意整理が一番効果が低く、自己破産が借金が帳消しになります。費用は、任意整理が一番安く自己破産となると費用が一番かかります。司法書士に依頼をすれば、弁護士に依頼をするよりも費用を抑えることができますが、任意整理であれば代理人として交渉手続きが可能です。他の債務整理は代理人となれないので弁護士に依頼することになります。

Copyright© 2018 債務整理の費用を調べる【借金が帳消しになる】 All Rights Reserved.