債務整理の費用を調べる【借金が帳消しになる】

過払い金が無い場合

ジャッジガベル

個人再生を検討するか

利息制限法で定められた金利より高い金利で借りていた方は、任意整理をすることによって債務を減額させることができます。しかし、借入れ先が銀行カードローンのみである、また消費者金融で借りていたけれど既に法定金利内での契約、利息制限法を超えていたとしてもその期間が短いと過払い金が発生していない可能性が高いので減額できる根拠に乏しいのです。過払い金が無い場合、任意整理よりも弁護士に依頼する費用は高くなりますが個人再生の手段があります。個人再生で債務整理を行うと最大80%の減額効果を得ることができますが、自己保有の財産を一部処分をしなければならなくなります。借金があること事態家族に内緒にしている場合には、財産を処分しなければならない、裁判所を介した手続きとなるため秘密にするのが難しくなります。だたし、過払い金が発生していなくても任意整理で債務整理を行うことで債務の減少効果は少ないのですが、将来発生する利息はカットさせることができます。つまり今後の利息費用が0円になるのです。借金返済の費用内訳は、元金と利息です。任意整理で和解成立することで債務額が確定したらそれ以上債務が増えることがないので、今後の返済は元金のみの費用となるので返済金額がそのまま元金から減っていくことになります。もし、このまま任意整理を行わずに返済を続けていくと利息の支払いもありますから完済するまでの期間が数年違うことにもなるのです。

Copyright© 2018 債務整理の費用を調べる【借金が帳消しになる】 All Rights Reserved.