債務整理の費用を調べる【借金が帳消しになる】

減額交渉は弁護士に

相談

債務整理を行い、借金の減額をすることに成功したら、弁護士費用として減額成功報酬が発生します。減額報酬は10%が相場ですので、これより高い場合は費用として高すぎます。ただし、他の費用が無料であるケースもあるのでトータルで比較します。

詳しく見る

弁護士依頼時にかかるお金

法律書

債務整理を弁護士に依頼すると着手金の費用が発生します。これは、弁護士に正式に受任してもらうときに支払うお金で債務整理が成功しなかったとしても返還されないお金です。1社当たり2万円〜5万円が相場となっています。

詳しく見る

過払い金が無い場合

ジャッジガベル

法定金利内でカードローンを利用していた人は任意整理を行っても債務の減少効果が薄いです。費用はかかりますが個人再生をするにも自己保有の財産を一部処分しなければならないです。任意整理を選択しても将来の利息はカットできますので減額効果はなくてもしなかった場合と比べると完済予定期間がだいぶ異なり舞うs。

詳しく見る

借金の解決方法

相談

借金問題を解決するには債務整理が有効です。督促をストップさせ借金を減額または帳消しにすることができます。自己破産を依頼すれば、借金の返済が免除されるので効果は大きいですが、弁護士費用はケースによりますが一番高くなります。

詳しく見る

着手金や報酬金が払えない

女性

借金の困っている場合有効な手段は、債務整理ですが不安なのは弁護士費用が支払えるかです。そういった不安にお応えするために多くの法律事務所では相談料を無料にしたり、今後そのまま払い続けた場合の総支払金額と、任意整理後の弁護士費用を含めた料金を試算し比較して説明してくれるなど、最適な解決方法を提案します。

詳しく見る

グレーゾーン金利で借金

弁護士

借金が減る可能性がある

グレーゾーン金利で借金をしている時期がある方は、債務整理をすることによって借金が減る可能性があります。グレーゾーン金利とは、貸金業法が2010年6月に改正されるまで存在しており、利息制限法の助言金利が利用限度額に応じて15%〜20%に対し出資法では個人に貸し出しする際の上限金利が29.2%を上限としていたのです。利息制限法の上限金利を超えて融資をすることは違法であったのですが、それを罰する規定がなくほとんどの貸金業者は29.2%に近い金利で融資を行っていたのです。利息制限法の上限金利から出資法の上限金利の部分をグレーゾーン金利といいます。そのグレーゾーン金利で融資すること事態違法であると裁判所で多く判決が出たことから、出資法では認められていても過払い金が請求できることになったのです。そのためグレーゾーン金利で借りていたことがある方は、債務整理をすることによって減額をすることができるのです。費用はかかりますが債務整理をした場合、借金が帳消しになることもあるのです。その際にかかる費用ですが、着手金や成功報酬、減額報酬といった費用がかかります。債務整理をすることによって過払い金が多ければ、借金がゼロになることもありますが、減額するだけに留まると任意整理となり事故が付いてしまいます。完済となれば事故がつかないです。信用情報を傷つけたくないならそのまま継続して返済することですが、借金が帳消しになれば傷がつかないので相談費用無料な弁護士事務所に相談して、計算をしてもらって過払い金で完済ができそうであれば受任してもらうなど相談した結果によって決めることもできます。

Copyright© 2018 債務整理の費用を調べる【借金が帳消しになる】 All Rights Reserved.